中学受験にかかる費用

昨今、中学受験をするのは、もはや当たり前の世の中になってきました。
どうして中学受験をするのかというと、「公立の中学に良い学校がない」という理由もありますが、「中高一貫のため、高校からの受験枠がない」や「友達もみんな受験するから」という理由が多くあがっています。

ここで気になるのが、受験にまつわる費用です。
中学受験をするということは、当然学校は私立の中学校になります。中高一貫校が多いので、中学と高校を私立に通わせた場合で費用を見てみましょう。
文部科学省の「子どもの学習教育費」によると、中学の場合は約400万円、高校の場合は700万円近くかかると言われています。

さらには、中学受験するとなると、塾通いが必須になってきます。
これは、中学受験の試験内容に、公立の小学校では習っていないような問題が出題されるためです。
小学校では成績が良いほうだったのに、塾に入ってみると始めはついていけなかったという声も多く聞かれます。それだけレベルが乖離していますので、塾には通った方が賢明です。

その塾費用ですが、受験対策となるとやはり高額になってきます。4年生では年40万程度ですが、受験が近づく5、6年生になると100万近く受講費がかかることも珍しくありません。
加えて、夏期講習など特別講座もありますから、一層費用がかかってきます。
中学校の受験だからと甘く見ずに、しっかりと教育費のシミュレーションをしておきましょう。